Cytiva

検索のヘルプ

Location:Homeサポート・保守情報ウェビナー

私たちの世界が変化しても、画像診断、細胞およびタンパク質発現研究のソリューションパートナーとして専門知識を共有し、ワクチン、生物製剤、細胞治療の大規模製造のための実現技術を提供することに専念し続けます。

ぜひ以下のCytiva Webinarにご参加ください。

お申し込みは下記 Register あるいは Watch on-demandからお申し込みください。

  • 穏やかな組織分散プロセスで高い細胞生存率と収量を実現し、シングルセル研究をスピードアップ

    Register   2022年7月7日  14:00

    CONTENTS

    近年の技術進歩により、シングルセルオミックス(ゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス)は、がんの診断、予後予測、モニタリング、治療選択などにおいて、ますます強力なツールとなりつつあります。

    1つのサンプルから数万個の個々の細胞を分析し、細胞集団や疾患組織における挙動について特定の洞察を得ることができます。高品質なシングルセル解析の結果を得るためには、高い生存率の細胞懸濁液を得ることが重要なステップとなります。

    しかしながら、現在の組織分散技術は、手作業で時間がかかる上に、細胞が破裂したり付着したりしてサンプルが失われることが多く、ライブラリーの調製には適していません。固形組織からシングルセル懸濁液へ分散する方法も確立されたプロセスはありません。

    本Webセミナーでは

    • ・シングルセルオミックスにおけるシングルセルシーケンシングワークフロー
    • ・解析における組織分散のそれぞれの課題(激しい処理、生存率・収量が低い、長い処理時間など)
    • ・これら課題の解決策としての組織分散装置VIA Extractorの特徴、従来法との比較、脳組織分散の使用例

    についてお話します。

    Webセミナー開催後、オンデマンド配信も実施しますので、 当日ご都合がつかない場合もぜひご登録ください!

  • 【3社共催】CAR-T細胞治療を再考する~開発から製造まで~

    Watch on-demand   Recorded 2022年6月30日

    CONTENTS

    T細胞免疫療法の可能性には多くの期待が寄せられています。世界で初めてのCAR-T細胞治療薬が2017年に承認されてから約5年経ちましたが、これらの製品を日常的な治療の選択肢として提供するためには、まだまだ多くの課題が残されています。これらの課題には、マニュアル作業を多く含んだ長く複雑でコストのかかる製造ワークフローが含まれます。

    本セミナーでは、CAR-T細胞治療を再考する新しい技術のご提案に加え、エンドツーエンドの製造ソリューションまでを包括的にご紹介いたします。CAR-T細胞治療薬のさらなる普及を目指すみなさまの一助となりましたら幸いです。

    共催企業: Pall|Cytiva|Beckman Coulter Life Sciences

  • POC診断テスト開発のための重要な設計上の考慮事項(日本語字幕付き)

    Watch on-demand

    CONTENTS

    TSARS-COV-2(COVID-19)の大流行により、誰が感染していて、誰が感染したことがあるかの両方を迅速かつ正確に評価するために、大規模な検査が急務となっています。

    必要な検査規模に到達するには、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)分子検査とイムノクロマトグラフィーベースのテストの両方を実施する必要があります。このセッションでは、COVID-19迅速診断(POC)テストの開発中に遭遇する設計上の課題と、それらを克服するために存在するソリューションについて説明します。本ウェビナーでは、いかについて説明します。

  • 凍結乾燥技術で温度感受性を除去する(日本語字幕付き)

    Watch on-demand

    CONTENTS

    Freeze drying(フリーズドライ)、lyophilization(凍結乾燥)、およびcryodesiccation(クライデシケーション)はすべて、低温でサンプルから水分を除去するプロセスを説明するために使用される用語です。

    あるいは凍結乾燥は、低温でサンプルから水分を除去するプロセスを説明するために使用される用語です。

    この低温脱水プロセスにより、製品またはサンプルの安定性と保存性を最大限に高め、化学的または生物学的機能を維持し、コールドチェーンと比較してより簡単な世界規模の輸送と保管を可能にします。

    温度感受性アッセイ、抗体、タンパク質、酵素の開発中または、開発を検討している方は、ぜひこちらのウェビナーにお申し込みください。

    このウェビナーでは、 CytivaのLyo-Stable™ サービスの技術と利点、および温度安定性テストのハイスループット製造を可能にするために、特にコロナウイルスのパンデミックによる、継続的なCOVID-19検出の需要に対応するために、どのように使用されているかについてAmy Websterが説明します。

  • 30分で解説!核酸医薬品の製造ワークフローと新製品ÄKTA oligosynt™のご紹介

    Watch on-demand   Recorded 2022年6月2日

    CONTENTS

    修飾核酸技術の向上やDDS 技術の進展は、様々な難治性及び希少疾患を中心とした治療薬の開発を加速させ、有効性の高い核酸医薬候補品が次々と開発されています。本セミナーでは、核酸医薬品の製造ワークフローの各工程における検討課題やポイントを30分に凝縮して解説します。また、最新のオリゴヌクレオチド自動合成装置ÄKTA oligosynt™の特長と機能について、ご紹介します。

  • 【オンデマンドウェビナー】HCP分析で用いられる重要な試薬の安定供給

    Watch on-demand

    CONTENTS

    生物製剤の宿主細胞タンパク質(HCP)レベルをモニターするために使用する最も一般的な方法は、酵素免疫測定法(ELISA)となります。使用する試薬の安定供給は規制当局より要求され、治験薬製造中にHCPを継続的にモニターするために重要な要素です。本ウェビナーでは、安定供給の重要性、確保できなかった際のリスク、およびこのリスクを軽減する方法について説明します。

    Learning Objectives

    • 安定供給は、HCP計画にとってなぜ重要なのか
    • 事前に供給が確保できかった場合の結果
    • 供給分配を確保することでリスクを軽減する方法
    • 抗血清バッチとELISAロットの違い
  • 細胞培養から精製までのスケーラブルなアデノ随伴ウイルス(AAV)産生

    Watch on-demand   Recorded 2022年3月23日

    CONTENTS

    このセミナーでは遺伝子治療で用いられるウイルスベクターのうち最も注目が集まっているAAVについて、その特徴、利用目的及び生産スキームについてお話いたします。アップストリームとしての細胞培養とウイルス生産およびプロセス評価のための分析方法について。また、ダウンストリームにおけるウイルス精製の新しい技術をカバーしています。スケーラブルな製造プロセスの構築における一助となりましたら幸いです。

    ※本ウェビナーは2021年5月25日(火)に開催した「【無料Webセミナー】遺伝子治療用ウイルスベクター創製: 研究開発から製造・上市まで~AAV を中心に~」でお話したトピックの1つとなります。

  • 核酸精製 -シンプルな操作で、高品質に

    Watch on-demand   Recorded 2022年3月17日

    CONTENTS

    核酸精製は、多くのゲノムワークフローの最初のステップとなります。十分な量の高品質でピュアなDNAやRNAは、生物学や医学の多くの分野で使用されるダウンストリームプロセスに不可欠です。また様々な分野において、ハイスループットのアッセイや核酸分析の必要性が高まっています。本ウェビナーでは、Glass fiber(フィルタープレート)や磁気ビーズを用いた核酸精製を中心にご紹介いたします。

    「精製ルーチンの自動化」「サンプルスループットと再現性」「次世代シーケンス(NGS)」のキーワードの方必見です。

  • シングルセルオミックスのための細胞生存率の最適化

    Watch on-demand

    CONTENTS

    ゲノム、プロテオーム、トランスクリプトームの研究であるオミックスは、がん診断に関連して重要性を増しています。細胞の生存率を高く保ち、細胞のトランスクリプトームの変化を最小限に抑えるためには、組織サンプルを採取した後、できるだけ迅速に処理し、単一細胞を分離する必要があります。現在の組織分解技術は、手作業で時間がかかる上に、細胞が破裂したり付着したりしてサンプルが失われることが多く、ライブラリーの調製には適していません。細胞の収量と完全性を常に高く保つためには、穏やかでありながら自動化された組織処理が必要です。ハイスループットのシングルセル研究に使用するためには、元のサンプルを代表する、生存可能な細胞懸濁液が必要となります。効果的な組織処理がシングルセルオミクスの発展にどのように役立つか、Hari氏と一緒に考えてみましょう。

  • 適切なバッファー管理戦略で製造の効率性を高める

    Watch on-demand   Recorded 2022年2月18日

    CONTENTS

    バッファーの調製は、バイオ医薬品業界では依然として手作業が多く、典型的なバイオプロセスのワークフローで使用されるバッファーやプロセス液の数や全体量が多いため、多くの場合、多くのリソースを必要とします。

    ほとんどの企業はまだ伝統的なバッファーの調製方法に頼っていますが、高品質を確保しながら大幅な節約と効率向上をもたらす、より近代的な代替バッファーの調製方法があります。

    本ウェビナーでは、以下について説明します。

    • データに基づいた実例を通して、さまざまなバッファ準備アプローチの利点、スイートスポット、欠点
    • 適切なバッファ管理戦略を選択するための重要な検討事項
    • インライン希釈、インラインコンディショニング、バッファーのアウトソーシングで安定したバッファーの品質を確保する方法
    • これらのアプローチに組み込まれた品質に重点を置いた技術力
    • バッファーマネジメントのトレンドとバイオ製薬会社の長期的な戦略
    • ※音声:英語、日本語字幕つき

  • Cryo EMサンプルを精製および分析するためのヒント

    Watch on-demand   Recorded 2022年1月20日

    CONTENTS

    タンパク質の機能を理解するには、立体構造を知ることが不可欠です。構造生物学では、タンパク質の三次元構造を決定するためにX線結晶学が十分に確立されています。

    Cryo-EMは、以前は結晶化が困難であったか、NMRで研究するには大きすぎる、膜タンパク質やより大きなタンパク質複合体など、より困難なタンパク質の構造を決定する可能性を提供します。過去数年間の技術的改善により、Cryo-EMは構造生物学において非常に重要で広く使用されている技術となっています。

    本ウェビナーでは、タンパク質の特性評価とタンパク質の精製に焦点を当てました。これには、Cryo-EMを成功させるために必要なサンプル品質を確保するためのヒントをご紹介します。

    ※音声:英語、日本語字幕つき


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

※機種依存文字(①、② など)は使用できません。
※装置の故障など技術的な問い合わせの際には装置シリアルナンバーをご記入ください。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針