GEヘルスケア ライフサイエンスはCytiva(サイティバ)となりました - 『プレスリリース(英語)はこちらから』

Cytiva

検索のヘルプ

Location:Home実験手法別製品・技術情報細胞治療・遺伝子治療

Upstream virus production
ウイルス産生の上流工程

スケーラビリティはGMP製造における重要な考慮事項です。従来の静置培養と開放系での手作業には、汚染リスクやスケールアップの難しさがつきまといます。 バイオリアクター、ミキサー、コネクタなどの使い捨てコンポーネントを組み合わせは、50 L以上の拡張性をもたらすとともに、閉鎖系環境を保つことにより汚染リスクの低減を実現します。

Xcellerexバイオリアクターや、Upstreamシングルユース技術詳細はこちらから

Learn More

AAV and lentivirus purification
アデノ随伴ウイルスおよびレンチウイルスの精製

ウイルス粒子の安定性および感染性を維持することは、精製工程上の重要な課題です。最小限の工程数で、汚染物質を除去しながら力価を最大化するために、精製をファイバーベースまたはカラムクロマトグラフィーと組み合わせることで、お客様のニーズにお応えします。

アデノウイルスベクターのスケーラブル生産方法の例はこちらから

Learn More

PD and manufacturing services
プロセス開発および製造サービス

堅牢でスケーラブルな遺伝子治療ベクター製造プロセスを開発を、当社のFast Trak PDチームがサポートします。お客様の創薬開発プロジェクトが計画通り進行するよう支援するため、弊社ではプロセス開発サービスや、前臨床試験から初期臨床試験までのアデノ随伴ウイルスベクターおよびレンチウイルスベクターの製造サービスもご提供しています。

Fast Trakのカタログもご用意しております。

PDF Download

End-to-end manufacturing
cGMP対応の製造設備のためのプラットフォーム

ウイルスの機能と安定性を維持しながら、各段階での回収率を最大化する、効率的なアデノ随伴ウイルス(AAV)とレンチウイルス(LV)の生産が理想的です。FlexFactoryのシングルユースプラットフォームを採用したアップストリームおよびダウンストリームの工程を組むことで、お客さまの求める製造の実現に貢献します。特定のプロセス要件を満たすようにFlexFactoryを設定し、要件の変更に応じて簡単にスケールアップまたはスケールアウトします。

Read More


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針