2021.07.27

CytivaとPall Corporationが2年間で15億米ドルを投資し、バイオテクノロジーソリューションの需要拡大に対応

By Cytiva
  • 大規模な投資により、CytivaとPall Corporationの13拠点でライフサイエンス製品の製造能力を拡大し、顧客の需要に応えています。
  • 米国および英国では、地域ごとの製造モデルを実現するために新たな拠点を開設します。両社は、今後2年間で2000人のフルタイム従業員を雇用する予定です。
  • 今回の投資は、今年行われた5件の戦略的買収に続くものであり、2022年までに5億ドルを見積もっているCytivaの継続的な設備投資に加えて行われます。

2021.7.27

Cytiva(サイティバ)とDanaher (ダナハー NYSE: DHR)傘下のPall Corporationは、継続的な戦略的成長計画により、グローバルなライフサイエンス分野の顧客のために、製造能力とサービスを地域的に拡大していきます。

Cytiva and Pall Corporation building more capacity and acquiring new capabilities to serve the biotechnology industry

すでに進行中のこの投資には、新しい拠点の設立や既存の工場の拡張が含まれており、以前に発表された投資に追加されるものです。今回の投資は、両社が今年に入ってから行った5件の買収に続くものです。

ダナハーグループのエグゼクティブであるEmmanuel Lignerは、「当社のお客様は、製造の俊敏性、強固なグローバルサプライチェーン、そしてより多くの地域的な選択肢へのアクセスを必要としているとおっしゃっています。今回の投資は、お客様、ひいては患者様の現在および将来のニーズに迅速にお応えできるよう、当社の拡張プログラムをさらに後押しするものです。」

CytivaとPall Corporationの生産能力拡大は、バイオ医薬品の製造プロセスに使用される主力製品の製造を増加させます。

両社の行う投資の詳細は以下となります:

  • クロマトグラフィーレジン(タンパク質などを精製するための担体) – 6億ドル以上を投資し、米国に新しい製造拠点を設立
  • 細胞培養液(精製前のバイオ医薬品を産生する細胞を培養するための液体または粉末) – 4億ドル以上を投資し、米国、英国、オーストリアで製造能力を拡大
  • シングルユース技術 – 3億ドル以上を投資し米国と英国で製造能力を拡大するとともに、英国ウェールズのカーディフの新施設を拡張
  • CytivaおよびPall Corporationの中国をはじめとするアジア太平洋地域、欧州、米国での事業拡大に2億ドル以上を投資

今回の投資は、フィナンシャル・タイムズグループのLongitude社が実施し、Cytivaが2021年3月に発表した「Global Biopharma Resilience Index」で強調されている主要な課題にも対応しています。これらの課題には、人材の雇用とトレーニング、研究開発のコラボレーション、サプライチェーンのレジリエンス、製造モデル、さらには各政府当局の政策や規制などが含まれます。

急速な拡張プログラム

この資金は、COVID-19やその他の重要なプログラムのためのバイオ医薬品関連製品を製造しているCytivaとPall Corporationの13の拠点ですでに進められている生産能力の拡大計画を加速するために割り当てられています。

例えば、米国ユタ州ローガンにあるCytivaの工場では、細胞培養液の生産量を2023年に倍増する予定です。25,000m2の土地を新たな製造ライン、流通拠点、クリーンルームに転換するとともに、現地で250人の新規雇用することで実現します。また、細胞培養用の液体培地やバッファーのメーカーであるIntermountain Life Sciences社の買収と合わせて、ローガンから供給している製品について、納品までのリードタイムが短縮されることになります。

また、英国のニューキー、米国フロリダ州ペンサコーラ、米国カリフォルニア州サンディエゴにあるPall Corporationの拠点では、メンブレンおよびフィルター製品の製造・供給能力を増強しました。

今回の15億ドルの投資は、2020年にCytivaが発表した5億ドルの生産能力増強に続くものです。この投資は、すでに米国マサチューセッツ州シュールズベリーにある新しい製造施設と、米国マサチューセッツ州ウェストボローにある新しいクリーンルームに充てられています。また、2022年にはスイスに新たな細胞・遺伝子治療の製造拠点および中核的研究拠点(Center of Excellence)の開設を予定しています。

今回の投資の一環として、Pall Corporationは、中国において、最近買収したAustar社の敷地内でシングルユース製品製造事業を拡大します。また、Cytivaは、中国のWego社とのパートナーシップを拡大し、同地域におけるシングルユース製品の製造能力をさらに高める計画を進めています。両社とも、中国地域において将来的にはさらなる投資を計画しています。

新たな設備

分岐チューブ、細胞培養用バッグ、AKTAフローキットなどのバイオプロセス向けシングルユース製品のバイオプロセス機器を製造するために、英国ウェールズのカーディフに11,000 m2の施設が新たに整備されます。2021年末までにこの施設で製造が開始される予定です。現地では、今後2年間で製造業務を中心に、倉庫管理者、資材管理者、研究開発者など、250名の新規雇用を行う計画です。

米国での新拠点戦略は、スウェーデンのウプサラにあるCytiva最先端のレジン製造能力を複製し、補完することです。新拠点の所在地は、後日発表する予定です。Cytivaは、今後2年間に米国とスウェーデンで400名の雇用を予定しており、拡大する計画を推進していきます。

人材への投資

両社は成長を支えるために、今後2年間全世界で2000人の雇用を計画しています。これは、CytivaとPall Corporationが昨年採用した2000人の新入社員に追加されるものです。

この雇用計画では、バイオテクノロジー業界で確立されているスキルギャップを考慮しています。例えば、製造部門のトレーニングには、集中的なオンサイトコースが用意されています。高度な技術を必要とする職務には、CytivaのFastTrakセンターや、アイルランドのダブリンにある国立バイオプロセシング研究・トレーニング機関(NIBRT)との提携によるオンライントレーニングを活用します。

Cytiva and Pall Corporation investing 1.5 billion USD over two years to meet growing demand for biotechnology solutions

オートメーションやデジタル化への対応

急成長しているバイオテクノロジー産業を支えるには、革新的な技術や製造能力の拡大が必要です。

Lignerは、「私たちは、人々の健康をトランスフォームするような革新的な治療法に世界がアクセスできるような世界を思い描いています。私たちの投資や買収は、顧客の事業を加速的に前進させるような治療法開発のワークフローとキャパシティを構築するためのものとなります」。

Pall CorporationとCytivaによる最近のM&A:

  • Vanrx Pharmasystems, カナダCytiva によるM&A、2021年2月)細胞治療や遺伝子治療に適したバイオ医薬品の小ロット調製を自動化する医薬品無菌充填ソリューション。
  • Austar, 中国PallによるM&A、2021年3月)COVID-19を中心とした地域のワクチン製造ニーズに応えるため、中国にシングルユース製品の製造能力を増強。
  • GoSilico, ドイツ CytivaによるM&A、2021年6月)より効率的なクロマトグラフィーや医薬品製造プロセスの開発のために、バイオ医薬品製造プロセスダウンストリーム工程の「デジタルツイン」シミュレーションを作成するメカニズムモデリングソフトウェア。
  • Precision NanoSystems, カナダDanaher Life ScienceプラットフォームによるM&A、2021年6月)mRNAワクチンや遺伝子治療薬などを送達するための脂質ナノ粒子の製造および開発。
  • Intermountain Life Sciences, 米国 CytivaによるM&A、2021年6月)米国ユタ州ローガンに完成した新しい製造拠点により、液体細胞培地の生産量が数百万リットル単位で急速に強化。

Lignerは、「これらの投資により、例えば、お客様が新しい治療法をアイデアから注射に至る過程にて、発見からプロセス開発、大規模な製造に至るまで支援することができます。世界中の患者さんに利益をもたらす努力をしていることを、私は成長中の情熱的なチームを代表して言えると思います」と締めくくります。

Learn more: Cytiva Biopharma Resilience Indexで明らかになった業界のインサイトはこちらPall Corporationバイオテック・ソリューションはこちら


Pall Corporationについて

Pall Corporationは、ろ過・分離・精製のリーダーであり、ライフサイエンスや産業界の幅広い分野のお客様の重要な流体管理のニーズに応えるソリューションを提供しています。ダナハー(NYSE:DHR)の科学技術革新ファミリーの一員であるPall Corporationは、お客様と協力して、健康、安全、環境に配慮した技術を推進しています。当社のエンジニアリング製品は、プロセスや製品の革新を可能にし、排出物や廃棄物を最小限に抑えます。Pall Corporationは世界中のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.pall.comをご覧ください。

Cytivaについて

Cytiva(サイティバ)は、治療法の開発・製造の進歩とその加速をサポートする、テクノロジーとサービスのグローバルプロバイダーです。数百年前までにさかのぼる豊かな遺産と、新たなスタートをあわせ持った存在として、2020年に生まれ変わりました。

私たちのお客様は、基礎生物学研究から、革新的なワクチンや生物製剤、そして最新の細胞・遺伝子治療の開発に至るまで、いのちを救うための活動を行っています。 私たちの仕事は、それらをより良く・より速く・より安全に前に進めるためのツールとサービスをお客様に提供し、患者にとってより良い治療法の開発へとつなげることです。

Cytivaは売上高33億ドルのグローバルライフサイエンスリーダーであり、40か国で約7,000人の従業員が治療法の進歩とその加速のために取り組んでいます。私たちは、多様な規模・視点を持つお客様の信頼できるパートナーとして、研究・製造のワークフローにスピード・効率・キャパシティを提供し、革新的な医薬品の開発・製造・デリバリーを実現します。

私たちは、ヨーロッパ・アジア・北中南米・中東をカバーする40の国と地域で事業を展開しています。

弊社の従業員は、「治療法を進歩させる、もっと速く」という私たちのミッションに対し、日々真剣に取り組んでいます。

弊社は、お客様のアウトカムの実現を目指したイノベーション施設をアジア・ヨーロッパ・アメリカ大陸に有しており、そこで生まれたアイデアを製品やサービスの開発につなげています。