より深いプロセス理解への道:
Process Characterization Kitを使用したクロマトグラフィーレジンの変動性の研究

CONTENTS

プロセスの頑健性と成功には、重要工程パラメーター(CPP)、重要物質特性(CMA)、および場合によってはこれらの間の相互作用を完全に理解する必要があります。クロマトグラフィーレジンの特性は、プロセスの設計と分離に応じて、重要品質特性(CQA)と製造プロセスの稼働性能に影響を与える可能性があります。

リガンド密度は、導電率やpHなどのプロセスパラメータとの相互作用を示す可能性のある重要なレジン特性です。レジンのばらつきとそのプロセスのアウトカムへの潜在的な影響は、プロセス開発のさまざまな段階で調べることができます。最も一般的には、プロセス設計が決定された後、プロセス特性評価研究で取り組まれます。

このウェビナーでは、Process Characterization Kitを使用して、製品の品質と製造プロセスの稼働性能に対するリガンド密度の変動の潜在的な影響を評価するための陽イオン交換クロマトグラフィープロセス開発ワークフローについて説明します。ワークフローには次のものが含まれます。

  • 因子のスクリーニング
  • プロセスの設計
  • リスクアセスメント
  • プロセスの特性評価

Webinar OUTLINE

 Watch on-demand   Recorded 2021年10月21日  40min

 Tobias Söderman Senior Scientist, BioProcess R&D at Cytiva, Uppsala, Sweden

 英語(日本語字幕付き)

※本動画は2020年12月8日にCytiva Festival Week 2020で放映されたウェビナーに、日本語字幕をつけたものです。

※以下よりご登録いただきますとWebinar On-Demandへのリンクをメールにてお送りさせていただきます。
※SafariやFireFoxでご覧いただいている場合、フォームが表示されないケースがございます。その際はChrome等のブラウザでお試しください。