●分子量100~7,000の低分子物質、ペプチドなどの分離に高性能を発揮
●アルカリによる洗浄可能
●Superdex™ 30 IncreaseはSuperdex™ Peptideよりも分離能が向上

→ カラムごとの推奨システムについてはこちらをご覧ください(PDF)
一覧にないカラムの場合はお問い合わせください

 

Superdex™ Peptideは、液体クロマトグラフィー用ゲルろ過担体として実績のあるSuperdex™を低分子用に開発したカラムです。
PCカラムはSMARTシステム用カラムです。
Superdex™ 30 Increaseは、Superdex™ Peptideよりも平均粒子径が9.0 μmと細かいため、同一の分離条件で使用した場合、Superdex™ Peptideよりも高い分離が得られます。

 

高分離能で好評のIncreaseシリーズ
  • 従来よりも粒子径が小さくなり分離能が向上
  • 用途や目的タンパク質の分子量にあわせて選択
  • アルカリによる洗浄可能

分画範囲

 

Increaseシリーズフォーマット

FAQ(製品Q&A)は下記リンク先をご覧ください。
» ゲルろ過クロマトグラフィー
» カラムメンテナンス

 

 

HPLCの注意点

ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
Superdex™ 30 Increase
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Superdex™ 30 Increase 10/300 GL 1 本 29219757 351,800
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Superdex™ 30 Increase 3.2/300 1 本 29219758 377,200
Superdex™ Peptide
SDSあり。労安法(ラベル表示義務なし) Superdex™ Peptide PC 3.2/30 1 本 17145801 販売終了

SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) SDSあり。労働安全衛生法(ラベル表示義務あり)該当製品です。
SDSあり。労安法(ラベル表示義務なし) SDSあり。労働安全衛生法(ラベル表示義務なし)該当製品です。

※Superdex™ Peptide 10/300 GL(17517601)、Superdex™ Peptide 3.2/300(29036231)は販売を終了いたしました。

詳細情報

項目

  • 仕様
  • 資料

Superdex™ 30 Increase, Superdex™ Peptide

ゲルマトリックス
高度架橋アガロースとデキストラン
平均粒子径
9 μm(Superdex™ 30 Increase)
13 μm(Superdex™ Peptide)
分画範囲
ペプチド
100~7,000 Da
化学的安定性
通常使われるすべてのバッファーで安定*
pH安定性
3~12(長期)、1~14(短期)(Superdex™ 30 Increase)
1~14(長期・短期)(Superdex™ Peptide)


Superdex™ 30 Increase


10/300 GL
3.2/300
カラムサイズ(cm)
1.0×30
0.32×30
ベッド体積(ml)
24
2.4
サンプル添加量(μl)
25~500
4~50
限界圧(MPa)
3.0
3.0
最大流速(ml/min)*25℃、H2Oの場合
1.2
0.15
推奨流速(ml/min)*25℃、H2Oの場合
0.8
0.075
理論段数(N/m)
>43,000
>38,000


Superdex Peptide


10/300 GL
3.2/300
カラムサイズ(cm)
1.0×30
0.32×30
ベッド体積(ml)
24
2.4
サンプル添加量(μl)
25~500
4~50
限界圧(MPa)
1.8
2.0
最大流速(ml/min)*25℃、H2Oの場合
1.2
0.15
推奨流速(ml/min)*25℃、H2Oの場合
0.2~1.0
0.01~0.15
理論段数(N/m)
>30,000
>30,000


1 MPa=10 bar=145 psi
* 1 M酢酸、8 M urea、6 M塩酸グアニジン、1 M NaOH、30% イソプロパノール、70% エタノールを含む

Superdex™ Peptide HR 10/30の選択性

Superdex™ Peptide HR 10/30の選択性

Superdex™ Peptide HR 10/30による分離例

関連製品