March 18, 2021

PCR試薬の選択:何を、なぜ、どれを?

ByCytiva

この記事は、自動翻訳ソフトウェアによって翻訳されています。自動翻訳によって生成された記事(Cytivaにより見直された記事を含む)には、単語、構文、文法などの間違いが含まれている場合があります。弊社は、コンテンツの不正確な翻訳またはその使用により生じる間違いや誤解、または損傷に対して責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

オリジナルの記事(英語版)はこちらから

PCR成功のカギは、使用するアプローチ、デザイン、試薬、機器の適切な選択にかかっています。ここでは、試薬の選択肢とその課題についてのクイックガイドをご紹介します。


核酸増幅検査(NAAT)の進歩にもかかわらず、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、核酸を扱うすべての研究室の中心的存在となっています。PCRは、基礎研究から応用研究まで、RNAやDNAの同定、配列決定、修飾などに役立っています。

しかし、このように確立された方法でも、うまくいかないことがあります。PCRでは、非特異的な偽陽性、異なる遺伝子変異を持つ異質な産物、そして時には産物がまったく出ないこともあります。このような問題を最小限に抑えるには、どうすればよいのでしょうか?

このチャートでは、各試薬の役割、課題、そしてPCRを成功させるための選択肢を理解することができます。

Reagents for PCR

Reagent

Function

Challenges

Solutions

Primers

Bind to specific sequences of denatured DNA flanking target DNA.
Bind in a 5’ to 3’ and 3’ to 5’ direction.
• Self-anneal
• Primer-dimer formation
• Different Tm values
• Non-specific DNA amplification in RNA analysis
• Use software or online tools to aid design
• Re-design primers with:
• low GC content
• fewer nucleotide repeats
• similar Tm values
• Design primers across intron-exon boundaries or exon-exon junctions

Probes

Bind to denatured DNA in a target-specific manner and are fluorescently labelled (used in qPCR). • Non-specific binding
• No binding
• No fluorescence
• Bleeding of dyes in multiplex reaction
• Re-design probes with:
• low GC content
• higher Tm (6-8oC) to primers
• Choose different type of probe
• Chose fluorescent detection markers that have separate emission properties

DNA polymerase

Catalyzes the synthesis of DNA from dNTPs. • Low fidelity-lacks 3’ to 5’ exonuclease or ‘proofreading’ activity
• Generation of partial products
• Choose high-fidelity enzyme
• Use ‘hot start’ enzyme to avoid activation at sub-optimal temperatures
• Optimize elongation temperatures

Buffer

Provide a stable chemical environment for DNA polymerase activity. • Reduced DNA polymerase activity • Optimize the pH for specific DNA polymerase
• Add individual ions to alter pH, e.g., Mg2+

dNTPs

Provide the building blocks for DNA synthesis. • PCR inhibition • Optimize concentration of dNTPs – excessive dNTPs can lead to inhibition

Additives

Increase yield, specificity, and consistency of PCR. • Secondary structures created by high GC content
• PCR inhibition
• Addition of enhancers can help with challenging PCR conditions
• Replacing dGTP with 7-deaza dGTP, adding DMSO or formamide will reduce secondary structures
• Addition of BSA can overcome PCR inhibition

Cytivaでは、DNAサンプルの前処理やPCRのためのツールやソリューションを幅広く提供しています。

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針