Tips 1:バッファー中の塩濃度にご注意!

タンパク質のような荷電性の物質をバッファー交換する場合、Sephadex™ G-25レジン基材とサンプル分子の間のイオン性相互作用を防ぐために、少なくとも25mM程度のNaClをバッファー中に加えることをお勧めしています。

塩を含まないバッファーを使用した場合、タンパク質がSephadex™ G-25レジンとイオン的干渉をするため溶出が遅れ、結果として分離したかった低分子と一緒に大部分の目的物が溶出することがあります。

※この例では20 mM NaClの有無を比較していますが、HiTrap™ Desalting のInstructionでは、25 mM NaClの添加をおすすめしています

Tips 2:ImidazoleはNaClよりも遅れて溶します!

Hisタグタンパク質のアフィニティー精製に使用するImidazoleは、NaClなどの他の低分子よりも遅れて溶出することがわかっています。

Imidazoleを含むサンプルをバッファー交換カラムに添加した場合は、少なくともカラム体積の3倍以上のバッファーを送液して、Imidazoleをカラムから溶出させることが必要です。

お問合せフォーム

※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。

※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@cytiva.comまでメールにて」お問合せください。

- - (内線)

※機種依存文字(①、② など)は使用できません。
※装置の故障など技術的な問い合わせの際には装置シリアルナンバーをご記入ください。

ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問合せは総合お問合せ窓口(03-5331-9336:営業日 9:00〜12:00、13:00〜17:30)にて承ります。
グローバルライフサイエンステクノロジーズジャパン株式会社 個人情報管理責任者

個人情報保護に対する基本方針